労働環境

医歯薬分野の労働環境はどこで働いているかによってだいぶ違ってきます。まず、労働環境が過酷と言えるのは病院勤務の医師や看護
師、薬剤師などではないでしょうか。病院勤務だと昼の診察業務に加え当直、看護師であれば夜勤もあるし、残業は当たり前で残業代は出ないし、病院という組織内で動かなくてはならないので学会だったり委員会だったりで業務時間外も忙しいです。ですので家には寝に帰る、もしくは帰れないことなど当たり前な状態です。当直や夜勤があれば生活リズムも狂うので生活も不規則になりがちだし、お昼ご飯などを食べるのも不定期です。医者の不養生とはよく言ったもので、こうしたことが本当にあるのが病院勤務の医師や看護師です。一方、クリニックや一般企業で働く医師や看護師、歯科医や薬剤師はどうなのかというと、基本的にはそのクリニックや会社が閉まれば自分の業務も終了なので残業は少なめでしょう。仮にあったとしても、残業代が支払われることが多いと思います。また、クリニックだと働き方が選べる場合も多いので、パート勤務も可能です。ですので、子どもがいる看護師の人はクリニックで働いている方が多いです。また、薬剤師は女性がやや多い職業なので女性が働きやすい環境が整っている場合も多いです。薬局やドラッグストアなどではパートはもちろん、土日祝日は休みだったり時短勤務なども出来るので、ありがたい職業です。最近では、病院以外で働くことを希望する医師や看護師が増えてきました。しかし、なんといっても病院は私達が生きていく上でなくてはならない存在ですので、病院での労働環境の改善は必須です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です