保育園看護師について

看護師も保育園で働くことができます。その特徴として、子供の健康管理が主な仕事になります。では、細かく仕事の内容を見ていきたいと思います。
子供は免疫があまりありませんので、感染症の病気の予防がとても大事になります。そのため、求められるものはたくさんありますが、最も必要なのは専門的な知識や子供とのコミュニケーション能力です。しかし今、看護師の人材が不足しています。保育園に看護師を迎える準備ができていても、看護師がいなかったら意味がありません。そこが問題となっています。では、保育園看護師になる方法についてご紹介します。まずは、看護学校に入学して看護師の国家試験に受からないと看護師になることはできません。しかし、その後に保育園看護師になることが難しいと思います。それは、保育園看護師は子供の病気や専門知識が必要となるからです。免許を取得した後は、最低3年間は病院で実務経験を積んだほうがいいと思います。保育園看護師が今人材不足になっているため、期間限定の勤務になることが多いみたいです。仕事の内容は、保育園によって異なると思いますが一例を見てみたいと思います。まずは、子供の健康状態を把握する必要があります。それで、病気やけがの予防を行う事が出来ます。また、怪我をした時に正しい方法で治療を行う事も大事だと思います。それが保育園看護師の役割だと思います。また、保護者からも看護師がおられることから任せる事が出来ると思われます。正しい判断と迅速な処置が行えるようになることが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です